-

直接商品を買うのでないカードの仕方は簡明です。カードを使って直で購入できない販売品をダイレクトに買うという方法ではなく、遠まわしに使って買い上げする方が得策です。表現が単純なので、商品券のたとえを使って述べてみようと考えます。とある男性が素晴らしいコートを持ちたいとそれを見つめて立っています。持ちたい価値のあるコートを扱っている店購入しようとしてもクレジットで払う事が認められません。一方MasterCard、NICOSなどの商品券によってなら支払いを許可してくれるようなのです。したがってある人はクレジットカードで商品カードを購入した後でギフト券ショップに訪ねクレジットを使ってNICOSなどのギフト券を取り寄せしました。次に使ったクレジットを使用して注文したVISA、NICOSなどのギフト券をショップに持参していき、欲しかった有名なカバンを買い付けたとします。「なぜギフトカードで購入した女性は上記のようなややこしい方法をしているのでしょう?」と思う人もいるかもしれませんがその実この手法を利用するなら普通では手に入れられる事がなかったクレジットポイントが得られます。通常、キャッシュを支払う事で素晴らしいカバンを注文したりしてもポイントは手に入れられませんし、JCB、Diners clubなどのギフト券を直接お金で買い取りした上で使ってもクレジットポイントは貯まりません。しかし今話した場合の時であるならJCB、MasterCard、NICOSなどの金券をクレジットで買い付けしたので、一流の服を注文したときとつりあう量だけクレジットポイントが獲得できるという事なのです。こういう場合が間接的にクレジットカードを運用した状態になるので、遠まわしに使うカードと名づけられたやり方です。