-

クレジットを店舗等にて決済する場合、みなさん体験したことがあるかと思うのですが、レジのスタッフがわかっていないことでどの紙を利用者に対して渡せば良いのか迷っている時があります。といいますのも、クレジットカードを利用すると、レジから3枚1組の使用レシートというものが印刷されるためで、この明細のうちどの明細をカード利用者へ差し出したら良いのか迷いやすいということがあるのです。紙の内容→これらの利用明細の正体とは?については、以下の記載の通りです。1お客様に保管してもらう利用レシート。2店舗で保管する利用レシート。3カード会社控えレシート(記名する明細)。本来であれば絶対お客さん側へ渡す明細レシートの方を渡してくれるのだが、時には違う使用レシートを客に対して間違えて渡してしまうということであったり、記名した側の明細レシートを渡してしまうというといったパターンさえもあります。このパターンはバイトスタッフの場合や、クレジットカードが使われることのない店の会計でカードを利用すると、こういった店舗スタッフの戸惑いというものが垣間見ることが出来るのではないでしょうか。仮に店員が上記のように利用明細というものを提示してきたときは怒りを抑えて「間違ってますよ」と一言教育してあげてほしいものです。