-

換金する目的で新幹線等のチケット等を決済してしまうこと:クレカのキャッシュ化サービスを利用しないで、換金目的にてクレジットカード購入をするのも同様と言えます。換金するということを狙っているクレジットの使い方であるとクレジットのルール違反と見做されてしまうことからです。新幹線等の旅券や切手購入等での使用は、換金目的なのではないか?などというように睨まれる事例も考えられるので十分な注意が必須なのです。また、利用時点においてキャシング額の方が限度となられてしまっている場合においては、列車の乗車切符を決済することにトライすることだけでもクレジット発行会社により確認が来るケースがあるので金欠時の決済については出来ないようになっているようです。経済的に問題がある状況で頭をよぎるものは皆似たようなものです。カード発行会社から見てよくない使用法をすること>一昔前に流行した『永久機関』といった、カードの会社から見て全く利益となることのないような不正な利用方法をすると、クレジットカード会社から強制退会という扱いになってしまう事実もあるようです。インターネット上で話題となっていたクレジットカードポイントの不正搾取等の世間に知れ渡っていないやり方なんていうが存在していてもその行為というものはどう考えてもクレジット会社の規約に反することであるから絶対やらないようにして頂きたいと思います。失効となってしまったデータは出回る→クレジットを強制退会させられてしまった場合でも、違う会社のクレカは問題ないのだから、一社くらいは心配ない?などと考えている方この情報流通社会においてはその思考は身を滅ぼすことになる危険性もあります。その理由は、強制失効させられてしまうケースの場合にはクレカの会社が入手可能な信用情報というものに事故情報が記録されるから、利用者の信用がなくなってしまう可能性もあるのです。持っている一つでさえもクレジットカードを失効扱いとなると、その他のクレジットカードでも契約しづらくなるし、更には現在使っているカードについても強制失効させられる事例もあり得るでしょう。強制退会とならずに引き続き利用できる際にも期限切れ時に退会となることもあり得ます。くどいほど記載したように、失効させられてしまう利用はまずされないよう、ルールに則ってクレジットを使って頂きたいと考えています。