-

受け取った明細レシート保持する必要性はあるのだろうか?。結論を最初に書くと保有することは特にないというのが答えです。個々で保持することが自らが利用した内容を持っていたいと考える際は保管しておけばよいのですし、反対に証跡はいらないと考えるのであれば保管する必要性はないと思います。しかし送られてくる利用明細書類との確認作業をする時においてはもれなくこの明細レシートが不可欠なのです。明細レシートをその時まで保管していないとどこで何日にどれだけの金額を利用したのか?ということが確かでなくなることだけに限らず、間違えた請求の他ダブり等の確認作業さえもすることができなくなってしまうから危ないです。特にクレジットを利用した額は利用レシートを保管していないと覚えていないはずです。理想を言えば利用明細書が送付される1ヶ月・2ヶ月くらいの期間は明細を保管するようにして欲しい。カードの利用レシート処分方法→明細レシート処分手段はとても単純です。第三者に不正使用されないよう、細かく破って捨てるだけで良いのである。小さな機械等が自宅にある際には念のため利用するのが良いでしょう。なにせカードの使用内容を記載しているレシートであるがゆえ、クレカ番号等個人情報を特定できるデータがふんだんに書いてあるのです。不要な明細レシートと思わず破棄は注意を払って行うようにして欲しい。一方で、今は予防の意味で明細レシートにカード番号といった機密の情報が表示されない場合も出てはいるが信用しすぎは禁物です。