-

遠まわしに使うカードの手法は単純です。クレジットによってそのまま取引できない販売品を直で買い込むという事ではなく商品券を経由して取り寄せしていけばいいのです。文章が明快という理由で、ギフト券の実例を見ながら解説してみようと思っています。ある若者がブランドアクセサリーを使いたいと迷って立っています。買いたい高価なアクセサリーを置いている所購入しようとしてもカードで取引することができないのです。でもVISA、MasterCard、NICOSなどの券でなら買う事を許してくれるようなのです。ですのでとある女性はクレジットカードで商品カードを取り寄せ出来るを売っているショップにおもむきクレジットカードを活用してNICOSなどの金券を買い付けしました。そのあとカードを利用して注文したDiners clubなどの券を売店に持参しておもむき、使いたかった有名な銘柄のアクセサリーを買い付けたとします。「一体なぜ金券でそれを購入した女性はそうしたややこしい方法をしているのでしょう?」と思われる人もいるかもしれませんが、実をいうとこの方法を用いる事によって実際は獲得することのないクレジットポイントがもらえます。いつものように、現金を払って素晴らしいバックを取り寄せしたりした場合であってもクレジットポイントはつきませんし、JCB、NICOSなどののギフト券を現金で取り寄せした後活用してもクレジットポイントは得られません。一方解説した例の時であるならJCB、American Express、Diners clubなどの商品券をクレジットで注文したという根拠により、ブランド服を買ったときと同等の分だけカードポイントが手に入れられる事になるのです。こういう事例が遠まわしにカードを運用した状態になっているため直接的でないクレジットと呼ばれる手順です。