-

通常、クレカの利用限度額を自身がいつも使用するよりゆるめに決められていると使用者は心配ないと勘違いし考えることなくクレジットカードで支払ったりするものです。そういったカードでの買い物のしすぎを減らすため決済できる最高額をできれば低く申し込んでおこう・・・というのが、この記事の主旨となります。月の限度額を引き下げる手順▲使っているカードの利用限度額の引き下げやり方は、月の利用限度額の引き上げ方法とともに、大変手軽です。クレジットカードの裏側に案内のあるコールセンターにかけて、「月の限度額を減らしていただけませんか」というふうに電話に出た人へ言うだけです。現時点での月の限度額と比較して低い金額であれば、込み入った審査もなくスムーズに限度額の変更が可能となります。カードの限度額を増やさないならお金を守ることにも結びついている■カードの月の限度額の抑制は、自制というような効果はもちろんセキュリティとも関連が深いものです。もしも、財布の中のクレジットカードが盗まれて勝手に使用されてしまったような状況でも、あらかじめクレジットカードの限度額を厳しく設定していたならリスクを出来るだけ少なくすることもできるからです。強調しておきたいのは万が一カードが乱用されたことがあったような状況でもクレカの利用者に詐欺に加担するようなことと思えるものがなければ盗難保険として知られる保険が契約者を保護してくれるわけなので心配はないんですが1%の可能性のために、上限は低くしておいたら万全でしょう。使いもしない限度額は良くないことにすぎません。