-

商店で一切の契約カードが使用できるわけではありません。◇カード会社の加盟店舗は一般的には、たくさんのクレカ会社に加盟していますがちょっと不便ですがどれもの商店でどれものブランドの所有カードが決済可能なのでもありません。一例をあげれば古いタイプの加盟店舗の場合だとJCBマークの付いたそのカードしか切れないときもあるし、この頃の契約店なんかではVISAとかMasterCardといった名前のついているクレジットカードしか切れないときもあるものです。ディスカバーなんかのクレジットカード会社だったらよけいに使用できないお店が多いでしょう。何のロゴのクレカが決済できるかをどこで見分けるといいか?「ならどのような方法でどのロゴの所有クレカが使えるか判断したら良いのか?」といっても、本当のところを知るには店舗の店員に聞いてみる以外ないというのが残念だけど正しい答えです。とはいえどもほとんどの店舗や料亭には店舗前の見える部分に決済可能なクレジットカード会社のブランドが書かれた加盟シールがあるため「ふーん、ここの店舗ではアメリカンエキスプレスカードが切れるのだな」というのが困らないようになってるため確認してほしいと思います。というものの、正確に管理が行き届いていない店舗で決済する場合にはマークが掲載されているのに「ここでは××カードはお使いいただけません」といったような回答をされてしまうなどということもないともいえず、あたふたしてしまうこともなくもないですね。やはり可能な限りは全部のお店でクレジットカードが使用できるようにする目的を考えると、異なる種類のグループ(海外会社)がプリントされている一般的なVASA、JCB、アメックス、ライフカード、といったクレジットカードを複数持つようにお勧めします(例として:ライフカードを持っているならもう一方はダイナースカードブランドのクレジットカードを申し込むなど等)。とりわけ海外に出ないならVISA、MasterCard、JCBカードの3つの印が入ったクレジットカードをいつも持っておけば間違いなく100%近くの加盟店舗で3枚のうち少なくとも1枚のカードを提示するようスタンバイOKということになります。カードを使って有効的にスマートな支払いを続けるつもりならばできる限り早めに上記のクレカを作っておいていただくようお勧めします。